FC2ブログ

entry-217 JBL-075用ツイータスタンド その2

昨冬の075用スタンドに続く2作目。
20200716201535ce1.jpeg
この075はボディーが均一な円筒状ではないため、連絡を受けた寸法図のもとチーク材のブロックから木工ヤスリで削り出したが、座り面に若干ガタがあり紙シムで調整したとのこと。寛容なオーナーには自ら対処してもらい感謝。特殊形状のものは実物に合わせて造らないと完璧は無理、ジレンマもある。
20200716202359181.jpeg 20200716202400757.jpeg Vspace=
今回の最大の目的、ツイーター直置に対して40mmアップは音場感向上に大いに効果があったとのこと。また半月状の前倒れ防止シムによる安心感も大きそうだ。

160(w)x80(d)x90(h)mm ミャンマーチーク無垢材 オイルフィニッシュ 参考価格 25,000円/set

tag : JBL

Entry-206 JBL 075 ツイタースタンド

恐らく日本のオーディオ史で最も有名なツイータでいまでも根強い人気。1960年代はエンクロージャーの中に入れるのが普通であったが、今流ではあの巨大なマグネットを見ながら流石075とニンマリしたい。そんな気持ちよくわかります。オーダー主はJBL C36 Viscount ウォルナット箱上にシンプルなスタンド、デザインは無垢材をたっぷり使ったシンプルな直方体に075が丁度半分くらい収まるような感じをご所望。
20191225202342e79.jpeg
円筒型なので簡単そうに見えたが、075のマグネット部は後部に行くに従い微かに絞った複雑な断面、手元の075(45年もの)に合わせて木ヤスリとサンドペーパーでピッタリ安定するまで削り込んだ。チーク材は研磨と相性が良く手加工でも見栄えも良く、質感高く出来上がった。
200(w)*70(d)*70(h) ミャンマーチーク、参考価格 20,000円/set


tag : JBL

entry-198 TAKET-BATPRO II ツイータボックス

TAKET-BATPRO IIは今までにない近未来的なフォルムのスーパーツイータ。振動板がカーテン状?なので音質重視するとこんな形がベストなのかもしれない。でも周りのオーディオ機器と並べると落ち着いた箱に収めたいとの気持ち、判ります。そんな要望に沿ったこのツイータボックス。
20190622102246468.jpeg
なにせ寸法という基準がないに等しい形。sp本体を送っていてだき現物合わせで作製した。当たり前だが全く風情が変わりますね。このツイータは樹脂ケースでケーブルに引きずられるくらいの軽さ、箱に入れるとそんな不安も払拭できるメリットもある。
201906221051293b1.jpeg

140(w)*110(h)*100(d) ミャンマーチーク無垢材 参考価格 20,000円/セット

entry-121 同じリボンツィータケースだけど。。。(Pioneer PT-R7用その2)

クリスマスに向け積み木(ブロック)のオーダーが続き、ブログの更新も滞るこの頃であるが、ハイエンドなオーディオアイテムPioneer PT-R7用ウッドケースのオーダーを受けた。おやすい御用と早速実物を送ってもらったが、かって作ったものに比べて外観は似て非なる大型のもの。型番は同じPT-R7で末尾にⅢが加わっただけなのに。。ホーンのフランジを隠すことにもこだわったので、ひたすら厚板を削り込むはめになってしまった。
ribontw-2-1.jpg
本体は底板をはずして安全に収めることができる。マニアは何度もケースをはぐりニヤニヤしたいのでその面でもいいかも。サイズ重量ともにツイータとしては最大級、なによりも存在感を感じる。組み合わせるスピーカーボックスとの統一感も格段にあがるはず(いつもの手前味噌)。
ribontw-2-2.jpg
150mm(W)*110mm(H)*160mm(D) ミャンマーチーク厚板4枚構成、オイルフィニッシュ 参考価格:22,000円/セット

続きを読む

tag : pioneer

entry-98 超大型ホーンツイータ用スタンド 

大きなマグネットを持つ超マニアックなホーンツイータ(エール音響ツイータ1710)用のスタンドのオーダーを受けた。
ピッタリ合わせたいが超高価な現物を送ってくれともいえぬ。小工房の工夫、ガムテープをほどいて外径125mmのテンプレートにして?あとはひたすら慎重にヤスリで仕上げた。
寸法:180W * 110D * 60H mm 重量0.5kg ミャンマーチーク無垢材、オイルフィニッシュ
CCI20130821_00001_edited-1.jpg
==========================================================================
ほどなくオーナーからきれいな写真を頂いた。
寸法は完璧、純正スタンドに音が落ち着き自然な感じ、透明感、つや、音のぬけなどが変わったとのこと
"友人に見せびらかします"とも。同年配のおちゃめな言葉には苦笑。。。

entry-55 リボンツイーター用スピーカースタンド

パイオニアのリボンツイータ(PT-R7)用スタンド、というかウッドケース。
オーディオとウッドのコンビネーションに凝ってくると、スピーカーボックスの上に裸で置いてある
ツイーターが急にアンバランスに見えてくるようだ。よく解ります!
アウディオ-1-1

ハイエンドオーディオファンからのおまかせ注文だが、正確を期するため本体を送ってもらい
デザイン/採寸した。高価な精密品なので、納品まで手が震える。
アウディオ-2-1
材料:チーク無垢材、くるみ油仕上げ、
参考価格:12,000~18,000円/セット(形状による)

tag : pioneer

作品画像集 (ランダム表示)
当工房(と言っても私一人)で2010年以降造ってき作品達を画像集(ここをクリックしてください)で紹介いたします。 また画像をクリックするとブログ記事にリンクします。
カテゴリー
== 全記事数 :  ==
Tag (関連記事表示)

JBL 即納品(在庫あり) 自作真空管アンプ Luxman spendor SQ38fd Altec Tannoy KEF pioneer EV Harbeth LS3/5 IIILz LX38 l kxー5 marantz Sony 

profile

Author:fourhands.jp
logo-1-1.jpg
 自己紹介



愛知県岡崎市          木工房 フォーハンズ、
Tel :09063652834
     email: mail@fourhands.jp
ご要望にあわせて製作しますが、材は当方が30年来買い集めたミャンマーチークになります。
照会は下段のメールフォームを利用下さい。一両日中に返信いたします。

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新 50 item
entry−249 超小型ブックシェルフspスタンド(JBL4312M その2) 2022/08/29
Entry-252 基調色は変わりゆく(ウッドケースの貼り直し) 2022/08/10
entry−251 40年の時代差があるが (Sony H/D audio & sq38fd) 2022/08/05
entry−248 TANNOY IIILZ + Teak 2作 2022/07/29
Entry-247 kEF B3用 SPスタンド 2022/07/20
entry−244 震度6強にも耐えるには (enclosed type stand for JBL4310) 2022/05/20
Entry-246 薄型プリアンプcl34 ウッドケース  2022/05/05
Entry-245 10年目のブロック 2022/03/20
Entry−243 LX38もウッドケースでなくちゃ! 2022/03/14
entry-242 rack on grand speaker 2022/03/10
Entry-241 MY REMOTE-WORK SITE (PC desk) 2022/01/03
entry-240 mobilityを重視したラック&スタンド 2021/12/10
Entry-239 魅せるリビングオーディオ(ビンテージスタイルSPスタンド) 2021/11/20
entry-238 スツールというか踏み台というか… 2021/11/03
Entry-237 アソートなブロックならでは。。 2021/08/28
Entry-235 骨格標本? スピーカーケーブルスタンド 2021/07/18
Entry-233 ぺヤー感を高めたサイドテーブルset 2021/07/07
Entry-232 オーソドックスなEVTour X用 spスタンド 2021/07/02
Entry-231 積層ボードplayerの木目貼り 2021/06/27
Entry-230 こんな形もあるんだ!(スタンド&ラック) 2021/04/11
Entry-228 rack on 北欧家具 2021/03/03
Entry-227 使いやすさを織り込んだ大型オーディオラック 2021/02/25
entryー226 甦った昭和の時代のRecord player 2021/02/15
Entry-225 大型フロアsp用スタンド(JBL-S101用) 2021/01/18
Entry-224 On deck box set 2020/12/08
entry-223 オーダーの良さが活きたミドルテーブル 2020/11/15
Entry-200 インスタ映えかも(one−arm コーヒーテーブル) 2020/11/01
Entry-221 芸は身を助ける( LUX SQ38fd ウッドケース新作) 2020/10/09
Entry-220 お仏壇というには力不足 2020/09/28
entry-219 リビングオーディオへの変身 (エレクトロボイス Tour X用 spスタンド) 2020/07/26
Entry-218 親子のインターフェース(勉強机) 2020/06/30
entry-217 JBL-075用ツイータスタンド その2 2020/06/25
Entry-216 レコードプレーヤーの洗い直し 2020/06/15
Entry-215 ちょっと自信が揺らぐ(Tannoy IIILZ用スタンド) 2020/06/10
Entry-214 最初で最後、チューナーウッドケース(kenwood L-01T) 2020/05/03
Entry-212 久しぶりの JBL L75 Menuett スタンド  2020/05/02
Entry-211 これはhousingというべきか?(Altec 1568a用ウッドケース) 2020/03/24
Entry-210 こんなレイアウトも新鮮 (High counter-table) 2020/03/03
Entry-208 CD playerもウッドケースがお似合い 2020/01/19
Entry-204 久しぶりのスペンドール (BC2用スタンド) 2020/01/08
entryー207 いつもお側に (ミニ仏壇と柱時計) 2019/12/26
Entry-206 JBL 075 ツイタースタンド 2019/12/25
Entry-203 二兎追うものは二兎を得る(コロコロ積木) 2019/12/20
Entry-202 kids 大集合(蒲郡クラフトフェア) 2019/11/08
Entry-201 KEF R300用 スタンド 2019/08/10
entry-198 TAKET-BATPRO II ツイータボックス 2019/06/22
Entry-197 どこでもチーク(モバイル縁台) 2019/06/18
entry-195 決定版 地震に強いトールタイプスピーカースタンド kxー5用 2019/05/07
Entry-191 小さな巨人 JBL4312M spスタンド 2019/04/02
entry-194 Lux SQ38fd用ウッドケース 2019/03/30
Visitors since 2011/8
title list

クリックで全記事タイトルを示します。

== 記事数:   ==
作品のリンク
最新トラックバック
最新コメント
リンク